ホタル生態環境館の存続を求める会が廃止に抗議する文書を板橋区に提出

板橋区ホタル生態環境館の廃止を撤回し存続を求める会が、2015年2月27日午前中に【板橋区の責任を求め抗議します】という抗議文を板橋区坂本健区長及び資源環境部山崎智道部長宛に提出した。http://www.luciola.co.jp/images/pdf/20150227seimei.pdf  また、この抗議文はマスコミ及び板橋区議会議員全員に送られたという。

 

昨年突然、行われた生息調査から今年2015年1月20日に発表された区側の一方的な報告書および強引に開始された廃止作業に対する疑問の声は数多く上がっていた。区民を代表する声としてぜひご覧いただきたい。以下全文を掲載。

 

板橋区の責任を求めホタル館の廃止に抗議します。

 

陳情と経過 私たちは「ホタル館の存続と技術の継承」と「ホタル館の再調査」を求める陳情書を提出し、1月20日区の環境委員会においても賛成多数で継続審査となりました。一方資源環境部環境課は『板橋区ホタル生態環境館のホタルなど生息調査結果と元飼育担当職員の報告数との乖離について』(以下、報告書という)を報告しました。区はこの報告をもってホタル館の存続を求める多くの区民との一連のやりとりに終止符を打ち、3月末のホタル館廃止に向けせせらぎに生息する生物の移管をするため1月26日にはホタル館の水を抜く作業を強行しました。

私たちはこの1年間ずっと区議会の定例会や環境委員会を傍聴し、2度の住民説明会にも出席してきました。事の発端は、区が昨年1月に突如、当時の飼育担当職員(以下、元職員)を恣意的に除外し“せせらぎに土足で入りホタルの幼虫の数を数える生息調査”をしたのが始まりです。結果はあまりに少ない2匹(推定23匹)という数字でした。これについては複数の専門家が不適正な調査であったと指摘しています。実際この夏にはせせらぎで211匹のホタルが飛んだと報告され、成虫への孵化率を考えると、23匹ではなく3000~4000匹の幼虫がいたはずだと言うことが明らかで、この事実からも調査の不適切さがわかります。区は5月にホタルの「あり方検討会」の報告をふまえ、平成27年3月末のホタル館の廃止を決定しました。「区民の声」には耳をかさず、「区議会軽視」の一方的な廃止宣言でした。区民も議員もそれぞれ説明会や区議会で、調査についての疑問や、環境課が区議会という公の場で、2月から早々と口にしてきた「ホタル持込み疑惑」「警察に相談している」などの発言に対する区の本意を、何度も質しましたが、区の回答は「調査中」「報告書作成中」「係争中なので答えられない」を繰り返すばかりでした。これが、11月の環境委員会までの経過です。そして今回の「報告書」となりました。区民や議員の質問に対してまともな回答を1年間もしてこなかった区の誠意のなさと、年度末まで2ヶ月余りというこの時期に報告書を出し、問答無用といわんばかりの形で収拾しようとする区の姿勢に怒りを禁じえません。

 

報告書への疑問 区は報告書で、新しい重大な報告をしています。「DNA鑑定の結果、ホタル館のゲンジボタルは北関東・東北地域のホタルではなかった」「当時の飼育委託業者『むし企画』(以下、元業者)が、花と称してホタルをホタル館に送付したのではないか」とし、「ホタル館に成虫が持ち込まれたと考えられる」、そして「元職員は、大熊町のホタルの25年の累代飼育はしていなかった」と結論づけたのです。DNA鑑定の結果は、衝撃的でただただ驚くばかりです。福島原発事故で福島県大熊町のホタルが全滅してしまいましたが、大熊町を故郷とするゲンジボタルが、板橋区のホタル館で25年間累代飼育され毎年光を放っていました。そのことは大熊町の皆さんの励みとなり、私たちの誇りでもありました。DNA鑑定は根幹にかかわることですから重要かつ重大な問題です。区は第三者や研究者の検証もなく閉鎖的に調査をし、報告書の作成は環境課のみで作成されたものです。私たちはこのDNA鑑定を俄かに信じることができません。

ホタル持込みについては「関係者甲」の証言と、宅配便ドライバーの箱の重さの感想と宅配便の伝票が証拠とされます。「関係者甲」がどういう立場の人かが明らかになっていない下で、その証言が信用に値するかどうかの疑問が残ります。また宅配伝票に記入してある「花」は「ホタル」のことと言い切るのは推測でしかありません。元職員は6月に懲戒解雇の撤回を求めて、「元業者」は7月に契約解除の損害賠償を求めて、東京地裁に区を提訴しています。裁判で真っ向から対立している一方の区が、他方の元職員や元業者のホタル持込みを一方的に主張するのは違和感を拭えません。元職員や元業者の主張がきちんと報告されていないことも納得できません。今回の環境委員会での陳情の採択時に「この報告書も係争になる恐れがある」とし“継続”に挙手した会派があったことを申し添えます。

 

廃止をなぜ急ぐのか そもそもホタル館の廃止を検討するきっかけは、平成24年度行政評価の「休廃止」という結果です。その取り組み期限は「平成28年3月」となっています。区は昨年5月、存続の陳情が継続審議の最中に、1年前倒しの「27年3月末」のホタル館の廃止を決定しました。当事者が裁判で係争中、廃館後のホタルの引取先が未決定という状況が追加された今回も、「27年3月末」の廃止を踏襲しています。さまざまな問題が未解決のまま廃止をなぜ急ぐのでしょうか。ホタルの引取先に関しても“補助制度は何もなく施設も経費も自腹で調達できる団体”に丸投げするという区の考え方には、区のホタル館とホタル、ひいては区民に対する責任が全く感じられません。ホタル引取先に対する条件と、区民が参加できるシステムを再検討願います。

 

管理責任と説明責任 区のホタル館に関する一連の責任も曖昧のままになっています。元職員や元業者の不正をあげつらうなら区の管理責任も同時に明らかにするべきですし、この1年間の区民や区議の疑問に対する区の説明責任もきちんと果たすべきです。たとえホタル館の廃止をするとしても、もっと丁寧な廃止の仕方があったはずです。区自らが取得したホタル飼育の特許を捨て、ホタルの命をぞんざいに扱ったと言わざるを得ません。区の財産を放棄した区の責任の重さは図り知れません。ホタル館の廃止・存続にかかわらず、区の責任を区民に対し明確にしてください。

 

抗議  区のこの一年の足早な経緯、廃止ありきの筋書きに沿ったような形でホタル館廃止という幕引きとなるのなら、年間3万人が訪れる住宅地の中のせせらぎに飛ぶホタルを楽しみ、“ホタルの棲む街”を誇りとしてきた区民としては、非常に残念無念です。2007年の教育委員会の不祥事と同様、このホタル館廃止の件が、板橋区の歴史の中で汚点となる日が来るのではないかと懸念します。さまざまな問題がある中でのホタル館の廃止に強く抗議します。

以 上

 

 

昨年行われた2度に渡る住民説明会でもほとんどの区民が何らかの形で存続を望み、また、館長抜きでの強引な生息調査のやり方などへの批判と追求で紛糾し、さまざまな意見が提案された。あたかも廃止ありきで説明会を開いたという既成事実だけのための開催であったのか、区側は全く聞く耳を持たなかった。もし、区民の声に耳を傾けるのであれば、財政的に厳しくとも、規模を縮小するなどという検討の仕方もあった検討出来たはずだ。

 

ホタル館でのホタル夜間特別公開には、整理券が配られる前は高島平駅まで行列が並ぶほど人気があった。板橋区民の多くは阿部氏が命を掛けて、累代飼育を実現し、夜間公開日に羽化のピークを合わせる、あの見事な光の乱舞を望んでいるのではないだろうか。

 

持込みのホタルの光とは明らかに違う。常にホタルにとって最適な環境が整えられていたからこそ、実現出来た光に他ならない。再雇用の職員も毎年、幼虫、上陸、羽化を目撃し、「見ているもの。持ち込みなんてありえない」という声を発している。目撃者はスタッフ、インターシップの学生、来館者と多数いるはずだ。

その声にも区議会は真摯に耳を傾けるべきではないのだろうか。議会や委員会で阿部氏が説明出来る場があれば、真相が明らかになるはずである。

現在、区側の発表に納得出来ない方々より要望があり、高島平地区での阿部氏の説明会も検討されている。

 

都内の小学校でも何箇所か板橋の累代飼育システムによってホタル再生が行われ来た。小学校でのホタルの世代交代を支えるホタルの会の方々からは、以下のような声も寄せられている。

 

「区として今まで推奨してきたものを、否定するなど絶対してはいけない。考えられない。板橋区の発表は子供たちの夢を壊す。」 
「ずっと、あんなに素晴らしい施設があって、板橋区をうらやましいと思って来た。やはり、どこかで買って来たホタルとは光が全く違うというのは、ホタル飼育をしたことのある人間なら誰でも分かる。体も大きいし、光も大きくて素晴らしい。真実は絶対に明らかになると思う」

 

板橋区の有する特許累代飼育システムを長きに渡り推奨してきた区が自ら今回行ったことは、まさに行政としての不祥事を露呈したといえるのではないだろうか。

2月26日の補正予算審査特別委員会の総括質問でも、廃止云々の問題だけではなく、税金が使われて来た区政全体に関わる問題だ、との質問が出ていた。

 

調査以前から廃止を目論み、計画的に進めて来た最後に、総務部総務課より議員宛に出された速報を某区議が公開した。この文書によると、ホタル引渡し先は足立区生物園他区内一団体とある。

資源環境部と自然教育研究センター(足立区生物園の委託先)との関係、ホタルのDNAが西日本であったことの理由も廃止の為に持ち込まれたであろうことが明らかに読み取れる。

資源環境部 管理職がどれだけ捏造を重ねて、廃止まで持って来たかということを是非お考えいただきたい。

 

区民の多くが誇りにして来た、板橋区の財産でもある日本一といわれてきたホタル生態環境館である。こんな形で廃止にするということに対する責任を感じていない点が一番の問題なのである。

板橋区ホタル生態環境館の存続を求める署名をいただいた方々すべてに今回の抗議文をお渡ししたい。

現在、係争中の裁判の進行は3月末の廃止には間に合わない。すべてが明らかになったとき、間違った情報でホタル生態環境館は既に廃止にされてしまっていた、とならないようにと願ってやまない。

    

  • ゆらぎによる癒し

カテゴリ

最新の投稿

アーカイブ