事業展開

自然生態系の再生、保護、技術の応用展開
ホタル等動植物の生息環境の再生
天然の用土や石を濾過材として使用し、ホタルが世代交代出来る生息域の水質及び上陸地を作り上げて行く。
自然河川から新たなせせらぎの新設まで行っています。
【ホタル生息域の制作実施場所】小・中・高等学校校庭・マンション敷地内・神社仏閣の境内・公園・企業内ビオトープ・自然河川・個人宅【ホタル生態槽の設置実施場所】小・中・高等学校・個人宅
生物濾過による河川や池及び湖沼等の水質浄化
天然の用土や石を濾過材として使用し、工業用水の浄化、アオコの除去等行います。
【水質浄化実施場所】企業内ビオトープ・自然河川・公園
土・資材・機材、ナノ銀担持等の取扱い及び開発協力
生態系の再生に不可欠な用土をはじめ、病原性大腸菌等の病原菌等の分解除去まで行うナノレベルの銀を特殊な技術で担持させた石等。
坑火石、御影石他様々な無機質の各種材料へのナノ銀担持。
【取扱い濾材】用土、石、ナノ銀担持石及びナノ銀担持(加工)等
ハウス栽培に於ける受粉昆虫クロマルハナバチ等在来種マルハナバチ類の繁殖共有飼育の補助
日本の生態系保全及び農業生産の場に寄与する取組みを行っています。
再生関連製品の開発及び企画製作・プロダクト及びグラフィックデザイン等
ホタル生態槽カバー、ホタル専用フットライトの開発、パンフレット、資料等
知的財産の取得・保有・管理・運営
●申請中特許関係
日本在来種マルハナバチ類の繁殖供給飼育方法
※特許権の譲渡契約による使用権保持
出願番号 / 2006-299780